スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SuZuKeとフラット_1

2011.04.01.Fri.14:31
実家では、私が生まれる前からスピッツ(今で言う日本スピッツ)を飼っていて、犬がいる生活と言うのは普通の事でした。
また、子供の頃は犬ならどんな犬であろうと大好きで、犬種に対するこだわりと言うものは特になく、どこにでもいる犬好きの子供だったわけですネ。

大人になりTと生計を共にし始めてしばらくしてラブラドールを飼いだしたのですが、これで犬に夢中になり、1頭飼いではガマン出来なくなり2頭目をとなった時、同じレトリーバーのフラットに目が留まったのがフラットを飼うきっかけです。
その頃、まだフラットは日本にあまり入って来ていなく、インターネットなどというものも無い時代。
犬の雑誌で探しまくり、やっと繁殖を始めた人を見つけ、愛媛から子犬をうちのコに迎えたのでした。


rum01 rum02 rum03
First Generation:Ram(1993.02-2002.03)


レトリーバーだからと高をくくっていたら、ラブとの違いにもうホントに驚きの連続で。
躾に関しては、ラブと同じ事をやっていたら全くダメで、躾本を読みまくり訓士に聞きまくり試行錯誤しまくりで、軽くノイローゼ状態の一触即発のSuZuKe。
悪い事をしたらすかさず叱ってもすぐ忘れる、何かと褒めまくると調子に乗る、なんて毎度の事で・・・参りました。
フラットは、犬種としてはどちらかというとセッターに近いと思うヨ。
なので、犬飼い初心者には、難しい犬種だと思うのである、うん。
参考:What kind of breeds is Flat-Coated Retriver?
*Flat-Coated Retriever Society of America, Inc. / *フラットコーテッド・レトリーバー(ウィキペディア)

こんな状態で格闘していましたが、フラットの優雅さ、気品ある姿、無邪気で底抜けに明るい性格などなど・・・にとにかくもうベタ惚れしてしまい、犬はフラット以外で考えられなくなってしまったわけです、ハイ。

で、Ramがお年頃になりまぁありがちな、ウチのコにこどもをっとなり、お婿さん探しの中知り合いに紹介をされたのがNorth-Point
これがまた、ふか~くフラットにハマル出会いとなってしまいました。Ahaha・・・

(SuZuKeとフラット_2に続く)
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。