スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消化不良

2014.01.06.Mon.15:13
それは、1月3日に突然やってきた。

朝、ハウスから出てリビングに来た途端、1階に降りたQuimby。
すぐ後を追ったSuZuKeが見たものは、エヅいているQuimby。
今まで吐く事があってもエヅいた上で吐くのを見た事が無かったので、ビックリ!
一回治まったかに思えたけど、しばらくするとまたエヅく→吐くが始まり、これはヤバイぞ、ということで即この時期にやっている近くの医者へ。
原因は?で一応制吐剤と制酸剤が処方され即飲ませるものの、吐き気がある時に飲み薬を与えても吸収される前に吐いてしまうじゃないか、と。
案の定、数十分で吐いてしまったので、電話をして注射に切り替えてもらい、やっと落ち着いたQuimby。

SuZuKeはこの段階で、近くて便利だからと行っていた獣医に不信感アリアリ。
説明も何だかスッキリとしないし、まだ若いせいか経験不足なのかもと思い、ちょい見切りをつけました、ハイ。

翌日、以前Buddyの背中の痛みで行っていたA動物病院に午前中に行ってきました。
まだ、正月休み中だったのにもかかわらず、タマタマ急患を診ていたK獣医に状況を話したところ、いろいろアドバイスをもらってホッと一安心なSuZuKeでした。

まっ、要するに消化不良でした。
一番心配していた腸閉塞ではなかったので、ホントっ!よかったです。

4日の夕方の少量の便には血液が付着し、その中から毟った毛の塊とよくわからんモノが出てきました。
よくわからんモノは、おそらくミカンかもです(;´∀`)
正月休みの後半は、そんな事でてんやわんやなワガ家でした。

q233

昨日の夜は、Tとコングでいつものように戯れられるほど回復したQuimbyなのでした(^ω^)

q232

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。